1. HOME
  2. ブログ
  3. 日本では珍しい、放し飼いで育てた鶏のたまごです。(Free Range Egg/フリーレンジエッグ)

日本では珍しい、放し飼いで育てた鶏のたまごです。(Free Range Egg/フリーレンジエッグ)

「ケージ飼い」「バタリーケージ」

現在日本では、約1億4千万羽弱もの鶏たちが暮らしています。(平成30年度時点/資料:農林水産省「畜産統計」)

日本の人口が、1億2620万人(概算値)(令和元年5月1日現在/総務省統計局)なので、人口よりも多くの鶏たちが暮らしています。

日本の鶏たちの約90%以上は、金網のかごの中で一生を過ごす「ケージ飼い」「バタリーケージ」と呼ばれる飼育方法で暮らしています。

砂遊びをする場所も、夜に休む止まり木も、羽を休める木陰もありません。

バタリーケージには、開放型・ウィンドレス・セミウィンドレスがあり、ウィンドレスの場合は、身動きがとれない満員電車のようなかごの中で、一生を終える鶏たちもいるそうです。

「平飼い」「放し飼い」

上記の「ケージ飼い」「バタリーケージ」の飼育方法の他に、

・「平飼い」Barn-laid(バーンレイド)

・「放し飼い」Free Range(フリーレンジ)

と呼ばれる飼育方法があります。

「平飼い」は、鶏を鶏舎の中で地面の上に放して飼育する方法です。

鶏舎の中で自由に動き回り、砂遊びをしたり、止まり木があれば羽を休めたりします。

私たちの鶏は「平飼い」ではなく、「放し飼い(Free Range)」で育てています。

放し飼い(Free Range)」とは、は主にヨーロッパなどを中心とした海外で主流の飼育方法です。

「放し飼い」で育てられた鶏のたまごは、Free Range Eggと呼ばれています。

一般的には、屋外と鶏小屋を鶏が自由に行き来できるようになっている飼育方法のことをいい、日本でこのように育てられている鶏はとても少ないのが現状です。

近年、アニマルウェルフェアという考え方がヨーロッパを中心に世界的に広まっており、EUでは、「産卵鶏の保護のための最低基準」において、2012年からバタリーケージを禁止する動きもあります。

「自然放牧場お多福たまご」の鶏の暮らし

朝いちばんに鶏舎のドアを解放します。

すると鶏たちはトンネルをくぐって、いちもくさんに雑木林にかけだします。

あたたかい太陽の下で日光浴を楽しんだり、自然の木々の下で羽を休めたり、草をついばんだり、土で砂遊びをしたりして1日を過ごします。

日が暮れてくると、鶏たちは自然とトンネルをくぐり、鶏舎の止まり木で、ゆっくりと眠ります。

鶏たちはたくさん運動して、お腹がすいたらご飯を食べて、喉がかわいたら水飲み場でお水を飲みます。

運動や日光浴をすることで、健康的でストレスフリーな鶏が育ちます。

そのため、自然放牧場お多福たまごでは、鶏への薬剤投与(抗生物質やホルモン剤など)を行なっておりません。

「医食同源」の鶏

「医食同源」とは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方です。

私たちが日々食べるたまごは、鶏の食べたものや飲んだものが移行しやすいといわれています。

例えば、パプリカパウダーや唐辛子を飼料に配合することで、たまごの黄身が赤くなるといわれています。

(私たちのたまごは上記を使用していないため、ナチュラルなレモンイエロー色のたまごです)

鶏が食べたものや、飲んだものは、たまごを通して、私たちの身体に入ります。

だからこそ、私たちは鶏が食べるもの、飲むものには徹底的にこだわり抜いています。

私たちの鶏たちが食べるもの

鶏には配合飼料・給食残飯・おからを一切与えず、抗菌剤、防腐剤を含む薬剤投与も一切行っておりません。

餌の原料の穀物や野菜の全てを、南九州の農家さんから直接買い付けております。

その穀物や野菜全てが、有機JAS認証を取得したもの、 栽培期間中農薬・化学肥料不使用のものを厳選しています。

さらには、魚粉や養殖魚は使用せず、魚屋さんから直接「天然魚」のみを仕入れています。

そのため、抗生物質や防腐剤を気にされるお客様から評価を頂いています。

私たちの鶏たちが飲むもの

卵1個には約75%の水分が含まれているとされています。

私たちが暮らす鹿児島県 湧水町(ゆうすいちょう)には、昔から地域の人に親しまれている、熊野神社という神社があります。

その神社の境内では、純粋で美しく清らかな湧き水が、毎日こんこんと湧き出ています。

この湧き水は、霧島連山に降り注いだ雨が、地面に染み込み、何十年という時を経て、地面から自然と湧き出ているそうです。

そしてこの神社には、戦国時代から安土桃山時代にかけての薩摩国の戦国武将「島津義弘公」の客殿もあったと云い伝えられており、今では知る人ぞ知るパワースポットとなっています。

そんな湧き水を、私たちは汲みに行き、鶏たちに飲ませています。

私たちが飲む水を大切にしているように、鶏たちが飲む水にもこだわっています。

もし、自分が鶏だったなら

「ゲージ飼い」や「平飼い」と比べて「放し飼い」では、圃場の整備や、獣対策など、管理の時間も手間もコストもかかります。

大量飼育大量生産が難しいため、安価供給が難しく、配合飼料を与えず自然のものを手作りして与えているので、生産量も一般飼育よりも少なくなります。

それでも、飼い方・鶏の食べるもの・飲むものに、ここまでこだわり抜くのは、農場長の「もし自分が鶏だったならを、いちばんに考える」という信念のもと、鶏らしい「暮らし」を大切にしているからです。

鶏が口にするものは、たまごを通して私たちも口にします。

だからこそ、安心・安全なものを鶏たちに食べさせたい。

美味しいものを食べて、自然の中でのびのびと暮らす鶏たちはとても幸せそうに見えたので、農場名を「自然放牧場お多福たまご」と名付けました。

私たちはこれからも、このたまごのひとつひとつを、鹿児島から大切にお届けしたいと考えています。

 

「オメガ3健康長寿たまご」のご購入はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事